陰茎ガン

包茎ということによって何かしらの病気を引き起こす可能性は、非包茎の人と比べると確率は高くなってくるといわれています。
その病気の中で、最も怖い病気の一つに「陰茎ガン」というものが存在してきます。

日本ではあまり馴染みのある病気ではありませんが、包茎が原因となるという指摘もあり、包茎の人が多いといわれている日本では注意しておく必要があります。
症状でいいますと、「陰茎ガン」は放尿時に痛みを感じてしまいます。
排泄時の痛みは性器や尿道の異常の場合が多いですので、違和感を感じたら近くの泌尿器科で診察してもらうようにするといいでしょう。

他の箇所のガンが陰茎に移転することはほとんどありませんが、逆に陰茎のガンが他の箇所へ移転するということはよくあります。
最初は亀頭や包皮だけがガンになるのですが、だんだんと拡大しリンパに拡大すると移転の危険性が急上昇します。
ガン自体の原因も、今の現状ではよく分かっていない状況でもあります。
アメリカの学会では、「ヒトパピローマウィルス」や「エイズウィルス」などが原因ではないかと指摘されているようです。

また割礼をしている場合には発症率が低いので、包茎が原因ではないかと主張している論文もあります。
これに関しては、症例が少ないため確認できていないのが現状で、割礼によっても陰茎ガンは予防できないと反論している論文もあるほどです。
いずれにせよ、包茎はガンを引き起こす可能性もあるということだけは知っておいたほうがいいかもしれません。



≪Special Link≫
包茎による病気を防ぎたいなら包茎専門クリニックを参考にしてみて下さい → 包茎専門クリニック

Copyright © 2014 包茎が引き起こす主な病気 All Rights Reserved.